男性

プリンターのインクが出なくなったら修理に出そう

カード印刷で作業の効率化

プリンター

カードプリンタは社内でカード類を手軽且つ経済的に印刷が出来る機器である。自社で印刷できる事によって時間も費用も節約でき、必要な時に必要な分だけ印刷することが出来る。取引先に応じた名刺の使い分けや、社員ごとに満足のいく名刺づくりが出来、仕事が円滑に進む。

製造業における活用とは

3Dプリンター

製造業で3dプリンターを導入するといろいろな面でおすすめです。一番は商品開発にかかる時間を短縮することが可能となります。開発にかかる時間が短縮できれば、勢いに乗ったまま商機を逃さず営業と足並みのそろった商品開発が可能となります。

コピー機の消耗品

インキ

東芝ではコピー機や複合機を手掛けているが、それらを利用する際に必要なものにトナーがある。東芝のトナーは、印刷品質が高いことが魅力となっている。また、使用後のトナーの無料回収などが行われていることも選ばれる理由となっている。

安く印刷を行うための工夫

カートリッジ

入れ替えが出来るトナー

プリンターはインク代がとても高くついてしまいますが、それを抑えるための手段が存在します。中のインクを入れ替えて使っていくというリサイクルタイプのものであり、業務用で多くの製品が登場しているのです。この入れ替え可能なプリンター用のインクを導入することによって、印刷代を大幅に抑えることが出来ます。導入メリットとして印刷代が安くなることによって、社内で印刷を気軽に行えるようになるのです。今まで印刷代が高くついてしまうために、あまり気軽に印刷できなかった会社におすすめといえるでしょう。導入後のビジョンとして、今まで以上に印刷を行えるようになり、業務がより円滑なものとなって行きます。プリンターはインク代を高くすることによって費用を回収するという仕組みになっているので、トナーなどは高級なものとなってしまいました。しかし、純正品ではないリサイクルタイプのものを使うことによって安く買ったプリンターを安いインクで使用することが可能となります。もちろん純正品ではないので不良品は多く含まれることになりますが、それを差し引いても印刷代は格段に安くなるでしょう。プリンターのインク代に悩んでいた会社や事務所の方は、リサイクルタイプのトナーを使うようにするのがおすすめです。入れ替え作業は慣れれば簡単に行うことが可能となります。注射器タイプが主流ですが、普通にトナーを入れ替えるのとさほど変わらない時間で入れ替えは完了させるのことが可能です。