女性

プリンターのインクが出なくなったら修理に出そう

  1. ホーム
  2. 製造業における活用とは

製造業における活用とは

3Dプリンター

幅広い活用が見込まれます

3dプリンターを導入すると試作品の製作に活躍するのはもちろんのこと、型などを製作したり最終的な形を立体的に作ることができ非常に便利でおすすめです。製造業につきものの商品企画の段階では企画書で説明し、自分で模型を組み立てることが多く時間を要していましたが、3dプリンターを導入すると模型を簡単に作成できます。実際に設計する場面では、社内で設計について現物と同じ形で検証することが可能となります。また客注品に取り掛かっている場合には客先と製品について情報を共有、検証がしやすくなります。また、検証後、改善を取り込んだ形も3dプリンターがあれば再現しやすいのでおすすめです。製造の現場で3dプリンターを導入すると試作品の製作に要していた時間、社内や客先との製品の検証、改善にかかっていた時間が短縮でき結果として経費削減に繋がります。機能やデザインの確認のために試作品を作成する時間を短縮できるとそれだけ他の作業が進みますので開発期間が短縮できます。また、3dプリンター導入前ですと図面やモニタでのシミュレーションでは気が付かなった構造の不具合が金型を起こしてから発見され、改善を迫られることもあり、金型を作成してからではコストも損失になり時間も損失になっていました。3dプリンターをおすすめする理由にはそこもあります。開発にかかる時間が短縮できれば、勢いに乗っていくことができ商機を逃さず営業に応えられる二人三脚の商品開発が可能となりおすすめです。